google+
はてなブックマーク
LINE
  • Medister
  • コラム
  • 書評
  • 医療系企業・特集
がん治療.com おすすめコンテンツ
心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧
  • がん治療.com 用語集

更新日:2024/03/10

日本人のがんゲノム異常の全体像を解明 ―約5万例のがん遺伝子パネル検査データを解析―

国立がん研究センターが、国内で蓄積された約5万例のがん遺伝子パネル検査データを解析し、日本人におけるがんゲノム異常の全体像を解明しました。この研究結果は、日本人のがんゲノム特徴やがん遺伝子パネル検査の臨床的有用性を明らかにしています。

概要
• 約5万例のがん遺伝子パネル検査データを解析し、日本人におけるがんゲノム異常の特徴を明らかにしました。
• 欧米と比較して、日本人に多いがん種において特定の遺伝子変異が高頻度でみられることを示しました。
• 治療薬の標的となるゲノム異常がある症例の割合を評価し、がん遺伝子パネル検査の臨床的有用性を明らかにしました。

研究成果
• 約5万例のがん遺伝子パネル検査データから、日本人のがんゲノム異常の全体像を解明しました。
• 特に日本人に多いがん種において、特定の遺伝子変異が高頻度でみられることを明らかにしました。
• 治療薬の標的となるゲノム異常がある症例の割合を評価し、がん遺伝子パネル検査の臨床的有用性を明らかにしました。

背景
• 日本人のがんゲノム異常に関する研究は限られており、欧米の研究結果を日本人にどの程度適用できるかは明らかではありませんでした。
• がん遺伝子パネル検査の保険適用が始まったことで、日本におけるがんゲノム医療の進歩が期待されています。

結論
• この研究結果は、日本人のがんゲノム異常の特徴を明らかにし、日本人に適した診断・治療戦略の確立と治療開発の基盤構築に貢献するものです。
• 今後の治療開発においては、日本人の特徴に合わせた個別化治療の実現が期待されます。
(Medister編集部 2024年3月1日)

<参考資料>
日本人のがんゲノム異常の全体像を解明 約5万例のがん遺伝子パネル検査データを解析

ページの上部へ戻る

がんの種類アクセスランキング

ページの先頭へ

医療系企業・特集

戦国武将とがん

書評

がんの種類