すい臓がん|症状や検査、治療、ステージなど

すい臓がんについて、特徴・分類・症状・原因・検査方法・病期(ステージ)・生存率・治療法・再発・転移など様々な観点から解説します。

目次


すい臓がんとは

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞にでき、すい臓がんは通常、この膵管がんのことを指します。すい臓は洋ナシを横にしたような形をしていますが、膵管はこの細長いすい臓を貫いて、網の目のように走る細い管です。

すい臓は、
● 食物の消化を助ける膵液をつくる(外分泌)
● インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンを産生する(内分泌)
という2つの役割を果たしています。膵液は膵管によって運ばれ、主膵管という1本の管に集まり、肝臓から膵頭部の中に入ってくる総胆管と合流し、十二指腸乳頭部へ流れこみます。

なお、すい臓の右側のふくらんだ部分は膵頭部、左側の幅の狭いほうの端は膵尾部、真ん中は膵体部と呼ばれます。手術するときは、がんのある位置や広がりによって、これらのどこを切除するかが決まります。

すい臓がんを起こす危険因子としては、糖尿病、慢性膵炎、喫煙などがあげられています。これらのうち、喫煙は確立した危険因子であるといわれています。

すい臓がんの症状

すい臓がんは、早い段階では特徴的な自覚症状がありません。すい臓がんの方が受診した理由を調べてみると、

● 胃のあたりや背中が重苦しい
● 何となくおなかの調子が悪い
● 食欲がない
● 体重が減った

などといった「漠然とした症状」が多いようです。すい臓がんに関連のある症状として、「黄疸」があります。総胆管と合流する位の付近までがんが増殖することで、胆管が詰まってしまい、胆汁が十二指腸の中に上手く流れなくなることで見られる症状です。黄疸による体の変化としては、皮膚や白目が黄色くなる、体全体のかゆみ、尿の色が濃くなる、などが見られるようになります。

すい臓がんが進行してくると、体重の減少や、前述のようなお腹の症状(上腹部痛)なども見られるようになります。上腹部痛は、もっとも多くみられる症状です。食事や運動、起きているかどうかに関係なく、強い背中の痛みとして現れます。これは、膵臓の周囲にたくさん存在している、お腹の中にある神経に、すい臓がんが浸潤(がん細胞が広がること)して起こります。すい臓がんが進行するほど、痛みも強くなります。

また、食欲不振と体重減少も、すい臓がんに特徴的な症状です。すい臓がんが進行し、十二指腸や腸管へ浸潤していくと、食事をしても十分な栄養を取ることができず(栄養不良)、徐々にやせて衰弱した状態になります(悪液質といいます)。こうなると、消化に必要な酵素の分泌能が低下し、さらに食欲が減退してきます。さらに糖尿病がある場合は、糖尿病が急激に悪化する、血糖コントロールが悪くなるなどの変化が見られます。元々糖尿病ではない人でも、血糖を自分でコントロールできなくなってきます。

すい臓がんが進行してくると見られる主な症状は、がんが出来た部位によって少し違います。
● 膵頭(すいとう)部上部のがん:黄疸
● 膵頭部中央のがん:黄疸と腹痛
● 膵頭部下部のがん腹痛(黄疸は見られない)

すい臓がんは、黄疸や腹痛などの理由で受診される場合が多いのですが、すい臓がおなかの深いところに存在する臓器であり、胃や十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆のう、脾臓などの後ろに隠れているため、見つけにくいことに変わりありません。すい臓がんを意識して検査をしないと発見しにくいのです。
どの部位も同様ですが、すい臓がんは早期発見が重要です。とはいえ、自覚症状が少なく、進行が早く、5年生存率が非常に低いことから、消化器がんの中でも手ごわいがんの1つといえます

すい臓がんの原因

すい臓がんの発症リスクとしては、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎ともに)、胆石症、糖尿病、遺伝、生活習慣などがあります。すい臓の炎症を繰り返し起こす人は、すい臓の細胞自体ががん化しやすくなりますので、注意が必要です。逆にすい臓がんがあるがために、膵炎を繰り返す場合もあります。

糖尿病がある人は、すい臓がんのリスクが、健康な人よりも高くなると言われています。実際に2013年頃に公表された調査結果では、糖尿病の人がすい臓がんになるリスクは、健康な人の1.85倍という報告がなされています。ただし、現在ではさらに研究が進んではいるものの、明らかな因果関係は分かっていません。糖尿病の中でも「2型糖尿病」の人の方が、すい臓がんになりやすいと言われており、特に2型糖尿病の発症リスクである、暴飲暴食、肉食傾向、肥満、喫煙などの生活習慣が、関係すると考えられています。

例えば、これまでに過食や多飲、ストレス、喫煙などの習慣が無いのに、健診などで血糖値の異常を指摘された場合は、すい臓がんが隠れている可能性があります。場合によっては腹部の超音波検査、大腸内視鏡検査など、精密検査が必要となることがありますので、血糖値の結果に納得がいかない場合は、消化器内科や消化器外科などの専門医に相談してみると良いでしょう。

元々糖尿病がある人は、食事療法や運動療法、薬物療法のほか、禁煙、節酒などにより、血糖値を良好にコントロールすることが、すい臓がんの予防にもつながるといわれています。

すい臓がんの検査と診断

すい臓がんの診断とがんの広がりを調べるために、腹部超音波、CT、MRI、MRCP(場合によってはERCP)などのいくつかの検査を病状などに合わせて行います。

腹部超音波(エコー)検査

漠然とした消化器症状がある人に対しては、まず腹部超音波検査や内視鏡、胃のX線検査などを行い、胃炎、胃潰瘍、胆石などの一般的な消化器の病気がないかどうかを調べます。腹部超音波検査ではすい臓を観察することもできますが、患者さんの体型や状態、部位によっては見えにくいこともあります。

CT、MRI検査

腹部超音波検査で異常が疑われる場合、あるいは異常がはっきりしない場合でも症状や血液検査などのデータからすい臓や胆管などに病気のある可能性があれば、CTやMRIなどさらに精密な検査に進みます。CTは、X線で体の内部を描き出し、病変の状態や周辺の臓器へのがんの広がり、転移の有無を調べます。病変を詳しくみるため、通常、造影剤を使いながら撮影します。MRIは磁気を使用します。特に最近は画像の分解能力に優れたマルチスライスCTなどの新しい画像診断が行われるようになってきました。造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがありますので、ヨードアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要があります。

超音波内視鏡検査(EUS)

異常のある部分を詳細に調べるために、超音波装置のついた内視鏡を入れて、胃や十二指腸の中から、すい臓などの臓器に超音波をあてて、病変の状態や周囲への広がりなどをみる方法です。体外からの超音波検査に比べて、より詳細な観察が可能になります。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

内視鏡を口から入れて、十二指腸まで送り込み、その中にカテーテル(細い管)を入れて膵管まで通します。そこに造影剤を入れてX線撮影を行う検査です。膵管の中に超音波装置を挿入する膵管内超音波検査(IDUS)や膵管内の細胞を採取する検査が行われることもあります。合併する黄疸や胆管炎に対する治療として行われることもあります。ただし、これらの検査は膵炎などの合併症を起こすことがあります。

MR胆管膵管撮影(MRCP)

最近はMRIを使って胆管や膵管の状態を調べるMR胆管膵管撮影(MRCP)もよく行われます。内視鏡や造影剤を使わずに、ERCPの画像を得ることができ、患者さんの負担が少ないので、ERCPの代用としてMRCPを行うことが多くなってきています。

PET

放射性ブドウ糖液を注射し、その取り込みの分布を撮影することで、全身のがん細胞を検出する検査。最近、すい臓がんの発見のために行われるようになっています。

PET-CT検査についてもっと詳しく見る

血管造影検査

場合によっては、足の付け根の動脈から細い管を差し込んで、すい臓やその周辺に向かう動脈に造影剤を入れて、血管の状態や病期による変化を調べます。

経皮経肝胆道造影(PTC)

黄疸があるときに行う検査で、肝臓や胆管をX線撮影します。わき腹の皮膚の上から直接肝臓を貫いて胆管に針を刺し、その針を通じてチューブを胆管に挿入します。そこから造影剤を入れて胆管がどこで詰まっているかを調べます。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカーとは、体のどこかにがんが潜んでいると異常を示す血液検査の項目のことで、がんの種類に応じて多くの種類があります。すい臓がんでは、CEA、CA19-9、Span-1、DUPAN-2などがありますが、必ずしも早期にすい臓がんを発見できるわけでないです。

腫瘍マーカーについてもっと詳しく見る

すい臓がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいいます。医師からの説明では、「ステージ」という言葉が使われることも多いでしょう。病期を表すには、ローマ数字が使われ、膵臓がんでは、0期、I期、II期、III期、IV期に分類されています。

基本的には、病期によって治療方針が変わります。ただし、必ずしも治療開始前の病期の判断が正しいとは限らず、手術により摘出した組織の検査結果により、病期の判断が変わり、治療方針が変更となることもあります。

日本では従来日本すい臓学会が刊行している「膵癌取扱い規約」と国際的なUICC分類の二つが使われていました。内容が多少違っているため、両方使用する必要があったのです。

現在では、2016年に「膵癌取り扱い規約」が更新されたため、日本の分類と国際分類とが統一されることになりました。しかし国内分類のみで更新前の規約と比較すると、これまでステージIIIだった方がステージIIになるなど、分類が異なっているため、何による病期の判断なのかを確認することが必要です。

また、がんの進行度を示す場合には、がんがどこまで広がっているか(T:原発腫瘍 primary Tumor)、リンパ節転移があるかどうか(N:所属リンパ節 regional lymph Nodes)、他の臓器への転移があるかどうか(M:遠隔転移 distant Metastasis)で決まります。これをTNM分類といい、すい臓がんの場合は、「膵癌取り扱い規約」の中で、以下の様に定義されています。

Tis非浸潤がん
T1膵臓内に限局していて、大きさが2cm以下
T2膵臓内に限局していて、大きさが2cmを超えている
T3がんが膵臓の外側の組織にまで広がっているが、総肝動脈や上腸間膜動脈に及ばない
T4がんが膵臓の外側の組織にまで広がっていて、総肝動脈や上腸間膜動脈に及んでいる

<N分類>
 ・N0:領域リンパ節転移なし
 ・N1:領域リンパ節転移あり

<M分類>
 ・M0:遠隔転移なし
 ・M1:遠隔転移あり

第7版での特徴として、手術が可能かどうかを判断するための「切除可能性分類」という項目が、新たに追加された、ということがあります。手術ができないと判断される要因は、がんが重要な血管に癒着している(くっついている)場合、もしくは他の臓器への転移がある場合のふたつです。

すい臓がんの治療法

すい臓がんの根治には、手術療法が必要であるため、「手術できるかどうか」の判断はきわめて重要です。もしもセカンドオピニオンを必要とするならば、大きなポイントとなります。手術を行う場合でも、手術と薬物療法を組み合わせて治療を行うことが一般的です。手術ができないと判断された場合は、放射線治療や薬物療法を行います。

手術(外科療法)

<特徴>
がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。すい臓がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術ができるかどうかは、さまざまな検査所見を総合的に判断し、「切除可能性分類」に従って、大きく3つに分類されます。

● 「切除可能」
● 「切除可能境界」
● 「切除不能」

「切除可能境界」とは、遠隔の臓器への転移はないものの、がんが「主要な血管に広がっている」場合です。すい臓や近隣臓器である肝臓などを栄養する動脈系(上腸間膜動脈、腹腔動脈、総肝動脈)まで広がっているか、門脈系への浸潤にとどまっているかによって、さらに細かく分けられます。

【手術の種類】
すい臓がんの手術は、がんの位置や広がりなどにより、以下のような術式が選択されます。それぞれの種類で、手術後に見られる合併症も違います。一般的には、膵頭部を切除する方が、消化管再建(胃や腸をつなぎ合わせる)の部分が多くなるため、手術時間が長くなり、回復にも時間がかかります。がんの位置によっては、腸の動きを調整する神経を切除してしまうため、手術後に下痢をしやすくなります。

(1)膵頭十二指腸切除術
膵頭部にがんがある場合、膵頭部、十二指腸、胆管、胆のうまでをまとめて切除します。また、がんが胃の近くまで広がっている場合は胃の一部、血管までがんが広がっている疑いがある場合は血管の一部も切除します。切除後は、残ったすい臓と、すい臓からの膵管を小腸につなぎ、膵液が小腸に流れるようにします。さらに切除した部位により、消化管再建(胆管と小腸、胃と小腸などをつなぎ合わる)を行います。

膵頭十二指腸切除術の合併症としては、つなぎ合わせた部分から膵液や胆汁がもれてしまい、感染や腹膜炎、出血が起こることがあります。また、胆管と腸をつなぎ合わせた箇所から、逆流による胆管炎が起こり、高熱が出ることがあります。

(2)膵体尾部切除術
膵体尾部にがんがある場合、膵臓の体部と尾部、脾臓(ひぞう)までをまとめて摘出しますが、胃や腸などの消化管は切除しませんので、切除後の消化管再建は不要です。

(3)膵全摘術
がんが膵臓全体に及ぶ場合は、膵臓をすべて摘出します。ただし、膵臓の機能が失われてしまうため、切除による根治が期待できない場合は、行われない手術です。

膵全摘術による合併症としては、血糖コントロール不良(糖尿病の発症、悪化)や、消化吸収の障害が起こります。脂肪肝を発症する人もいます。血糖コントロールに対しては、インスリン投与などが必要となります。消化吸収の障害、脂肪肝に対しては、消化剤の服用などで対処します。

(4)バイパス手術
手術によりがんが切除できないと判断された場合でも、膵臓と十二指腸の接合部分ががんで塞がってしまった場合、胃と小腸をつなぐバイパス手術を行うことがあります。これにより、少しではありますが食事が可能となることが期待されます。

また、胆管ががんで塞がって黄疸(おうだん)が出ている場合には、胆管と小腸をつなぐバイパス手術(胆管空腸吻合バイパス術)を行うことがあります。
手術(外科療法)についてもっと詳しく見る

抗がん剤(化学療法)

<特徴>
化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)についてもっと詳しく見る

免疫細胞療法

<特徴>
身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹するベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。
免疫細胞療法についてもっと詳しく見る

放射線療法

<特徴>
腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法についてもっと詳しく見る

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてもっと詳しく見る

重粒子線治療

<特徴>
陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。
進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、20~30分程度の治療時間になります。
重粒子線治療についてもっと詳しく見る

すい臓がんの再発・転移

「再発」とは、治療の効果により一度はがんが無くなった後、再びがんが出現することです。すい臓がんの場合、再度手術できるケースはまれで、一般的には抗がん剤治療と放射線療法を組み合わせて行ったり、食欲低下やお腹の痛みへの対症療法(緩和ケア)などを行います。

一方の「転移」とは、がん細胞がリンパ管や血管を通じて別の臓器に移動し、移動した先の臓器でがんが出現することです。すい臓がんは、まだがんが小さい早期のうちから、膵臓の周囲にあるリンパ節や、肝臓などに転移しやすいという特徴があります。この場合、手術療法が適切ではないこともあるため、それぞれの患者さんの状況に応じて、総合的に治療方法を判断します。

すい臓がんは病期がⅠの場合でも、5年生存率が40%程度であり、最初の治療の段階で病期がⅣの場合は、5年生存率が10%もありません。それだけ、進行すると根治が難しいがんであり「早期発見、早期治療が重要となるがん」といえます。

参考文献

国立がん研究センターがん情報サービス : http://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/treatment.html
J-STAGE 糖尿病と癌に関する委員会報告 第2報 : https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/59/3/59_174/_pdf
がん研有明病院 : http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/pancreas/index.html

がんの種類ランキング

心と生活ランキング

予防と治療ランキング

戦国武将とがん

書評


がん治療.com

がんの種類