広範囲にわたるロボットによる手術が、現実となる日も近いか

Laproscopic_Surgery_Robotここ数日、手術支援ロボット「ダヴィンチ」に関するニュースがいくつか報道されている。 2015年4月11日には、広島県内にある福山市民病院で、ダヴィンチを使った第一症例となる前立腺癌の手術に成功したと報道された。広島県内では、広島大学病院、広島市民病院ですでにダヴィンチによる手術が行われているが、広島県東部では初だという。報道によると、福山市民病院でダヴィンチを導入したのは2014年12月。およそ3カ月の時を経て、3月26日に手術が行われた。 また、2015年4月13日には、滋賀医科大学病院が、直腸癌へのダヴィンチによる手術を3例成功したと報道された。同病院では2013年3月に県内で初めてダヴィンチを導入し、これまでに保険適応となっている前立腺癌の全摘手術を78例実施している。直腸癌手術は保険適応とはなっていないが、今後、切除可能結腸・直腸癌に対する治験を目指している。

ダヴィンチが保険適応となったのは2012年、前立腺癌のみが保険適応となっている。その背景には、日本では70歳以上の前立腺癌による死亡が多いこと、高齢化が進み今後も患者数の増加が予測されること、高齢者にとっては開腹手術よりも侵襲が少ないことなどがあげられるであろう。
しかし、低侵襲の手術を保険適応で受けられるのであれば、他の癌に対しても希望する患者は確実に増える。実際、大腸癌だけではなく、胃癌・肺癌・腎臓癌・子宮癌なども、全国の大学病院を中心に、治験を行う準備段階にある。多くの場合は有効性と安全性に関する治験であり、いくつかはすでに治験が始まっているものもある。
これらのデータにより、日本で保険適応拡大となるまでにはまだ時間がかかると思われるが、世界ではすでに3,000件を超す導入実績がある。日本国内でも2014年9月末現在での導入実績は180台以上。手術実績としては泌尿器科が15,000件以上、消化器外科でも1,400件を超えた。
「手術支援ロボットによる低侵襲手術」は、すでに現実的なものとなりつつあるようだ。
(Medister 2015年4月13日 葛西みゆき)

<参考資料> 日本ロボット外科学会 da Vinciについて 導入実績 ロボット手術マニュアル−da Vinci手術を始めるときに読む本
ロボット手術マニュアル−da Vinci手術を始めるときに読む本

戦国武将とがん

書評