• コラム
  • 書評
  • 医療系企業・特集

国立がん研究センターが開発した日本人のためのがん遺伝子パネル検査「OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム」保険適用

国立研究開発法人国立がん研究センターが日本人のがんゲノム変異の特徴を踏まえた遺伝子パネル検査として、「OncoGuideTM NCCオンコパネル システム」(以下「NCCオンコパネル検査」)を、シスメックス株式会社と共同で開発を進めてきたが、2019年6月より保険適用されることが決定した。

これまでのがん医療においては、EGFR遺伝子検査やBRAF遺伝子検査など、ひとつの遺伝子の変異を調べる検査(コンパニオン診断)が用いられてきた。しかし、それぞれのがんで遺伝子の変異が多様であることや、遺伝子変異をひとつひとつ調べていくには時間を要することから、一度に多くの遺伝子の変異を網羅的に調べる遺伝子パネル検査の開発が行われてきた。遺伝子パネル検査は、その結果の解釈に、広く治療に係る医学的判断を求められることから、多数の専門家からなるエキスパートパネルで検査結果を議論し、個々の患者に最適な治療を選択することが求められてきた。

NCCオンコパネル検査では、114個の遺伝子の変異を検出し、また免疫チェックポイント阻害薬の治療効果に影響を与える腫瘍変異負荷の評価と、加えてがん患者が生まれながらにもつ遺伝子変異(生殖細胞系列変異)とがん細胞の中だけで起こっている遺伝子変異(体細胞遺伝子変異)を区別できることから、遺伝的に発生した腫瘍の診療に役立つ結果が得られる場合もある。

本検査の検証を行った国立がん研究センター中央病院のTOP-GEAR(トップギアプロジェクト)での解析では、約半数の患者で治療の判断に関わる遺伝子変異が検出され、10%強の患者が見つかった遺伝子変異に基づいた抗がん剤の治療を受けた。また、2018年度には、先進医療として300名を超える患者が検査を受け、その稼動性や有用性が確認されている。

今回の遺伝子パネル検査の保険適用について、国立がん研究センターの中釜斉理事長は、「がんのゲノム変化の情報に基づいて、個々の症例に最適な医療を提供する仕組みとして、がんゲノム医療が保険診療下で実施可能となったことは極めて画期的なことであります。同時に、がんゲノム情報管理センター(C-CAT)に集約される 「臨床情報に紐づいたがんゲノム情報」をアカデミアや製薬・機器開発企業等と一定のルールのもとで共有し、有効に二次利用できる仕組みを構築することが求められます。是非、All Japanの協力体制のもとで、日本のがんゲノム医療がグローバルな視点で今後大きく展開することを期待しています」と述べている。
(Medister 2019年6月7日 中立元樹)

<参考資料>
国立がん研究センタープレスリリース 国立がん研究センターが開発した日本人のためのがん遺伝子パネル検査「OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム」保険適用

医療系企業・特集

戦国武将とがん

書評

がんの種類