• Medister
  • コラム
  • 書評
  • 医療系企業・特集

膵臓がんリスク疾患・早期膵臓がんの新検診法開発目指し新たなバイオマーカーでの実験的検診を北海道で実施

国立研究開発法人国立がん研究センター研究所早期診断バイオマーカー開発部門の本田一文ユニット長らの研究チームは、膵臓がん(以下、膵がん)を引き起こす可能性の高い疾患(慢性膵炎・膵管内乳頭粘液性腫瘍など)および早期の膵がんを効率的に発見する検診法の開発を目指し、新しい血液バイオマーカーを用いた試験的膵がん検診の検証を行う臨床研究を 2019年4月より、北海道対がん協会が行うがん検診や健康診断で実施する。

この研究は2017年度にスタートし、同年度と2018年度は鹿児島県と神戸市で実施してきたが、2019年度は北海道で実施することとなった (2019年度は鹿児島県、神戸市では新規で血液検査による検診は行わない)。

このバイオマーカーは、血液中の「アポリポプロテインA2(apoA2)アイソフォーム」というタンパク質で、国立がん研究センター研究所や米国国立がん研究所(National Cancer Institute:NCI)、ドイツがん研究センター(DKFZ) 、国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer, IARC)などの共同研究において、膵がんを引き起こす可能性の高い疾患や早期の膵がんを検出することの有効性が評価され、検査キットも開発されている。

2015 年からは神戸大学などと共同で膵がん検診研究を試行し、バイオマーカーの異常があった患者から、膵がんのリスク疾患や膵がんを発見できることを確認している。しかし、先行研究では血液バイオマーカー検査で陽性反応がみられても、被験者の希望でその後の精密検査を実施していたこともあり、精密検査を受けられる患者が少ないなど、バイオマーカーの有用性を科学的に証明するのに必要なデータを確保できなかった。

そのため今回の研究では、被験者には、血液によるバイオマーカー検査と、バイオマーカー陽性者にはその後の画像検査(原則として造影CT検査)による精密検査をセットで受診させるという。2019年度の登録の目標は約5,000人。2017年度、2018年度に実施した分と合わせて約15,000 人を目指す方針である。

本研究は、日本医療研究開発機構(AMED)革新的がん医療実用化研究事業「血液バイオマーカーを用いた効率的な膵がん検診の実用化(研究代表者 本田一文)」の支援を受け、2017年度より、国立がん研究センターと日本対がん協会、鹿児島県民総合保健センター、鹿児島大学、鹿児島市立病院、出水総合医療センター、横浜市立大学、神戸大学、金沢大学、滋賀医科大学がチームを組んで実施してきた。2019年度は北海道対がん協会札幌がん検診センター、北海道大学のみで行う予定である。

膵がんは、早期発見が難しい難治がんであるため、検診での採血による効率的な検診法を確立できれば、膵がんによる死亡率の低下が期待できる。国立がん研究センターでは、膵がんのリスク疾患や、膵がんを早期発見するための血液を用いた指標(バイオマーカー)の開発に今後も挑戦を続ける方針である。
(Medister 2019年4月5日 中立元樹)

<参考資料>
国立がん研究センタープレスリリース 膵臓がんリスク疾患・早期膵臓がんの新検診法開発目指し新たなバイオマーカーでの実験的検診を北海道で実施

医療系企業・特集

戦国武将とがん

書評

がんの種類