がん治療.com おすすめコンテンツ

心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧
  • がん治療.com 用語集

腎細胞癌とは|検査や治療、ステージなど

腎細胞がん

腎細胞がんとは

腎臓は、背骨の両側のちょうど腰の高さのところに左右1つずつあるソラマメのような形をした臓器。腎臓にできるがんには、成人に発生する腎細胞がんと腎盂がん、小児に発生するウィルムス腫瘍がある。まれながんとして肉腫がある。ここでは腎細胞がん(以下、腎がんと呼ぶ)について説明する。

腎臓には、血液によって運ばれてきた体内の老廃物をこして、不要なものを尿として排泄する働きがある。その他、血圧をコントロールするホルモンや血液をふやすホルモンをつくったり、ビタミンの働きを活発にする機能がある。

腎臓には尿細管という細い管があり、ここでは糸球体という細い血管でつくられた尿のもとから水分やさまざまな物質を吸収したり老廃物を排泄したりして尿をつくる。腎がんは、この尿細管の中に発生したがんである。

これに対して腎臓でつくられた尿が流れる通路(腎盂)をおおっている粘膜からできるがんもある。同じ腎臓からできるがんですが、腎盂がんといわれ、ここで説明している腎がんとはがんの性質も治療法もまったく異なる。

腎がんもかかる率(罹患率)は50歳代後半以降に増加しはじめる傾向にあり、男性に多いがんである。発生の危険因子として、肥満、高血圧、喫煙などが明らかになっている。また透析を受けている方では、腎がんの罹患率が高いと考えられている。

がんが小さいうちは症状はあまりなく、大きくなるにつれてさまざまな症状がみられるようにある。腎がんに特徴的な症状としては、血尿、腹部のしこり、わき腹の痛みがある。全身的な症状としては、食欲不振、体重減少、貧血、発熱などがみられることもある。まれに、腎がんによってつくられる物質によって、赤血球増多症や高血圧、高カルシウム血症などが合併することもある。腎がんは、静脈の中にがんが広がりやすい傾向がある。ただし最近では、検診などで症状のない腎がんが発見される機会が多くを占めるようになっている。

腎がんは、早期に発見されれば手術での完治も可能。症状が続くときはもちろんですが、症状がなくても検診等で腎臓の「おでき」を指摘されたときには早めに受診することが腎がんの早期発見につながる。


腎細胞がんの検査と診断

腎がんが疑われると、超音波検査やCTなどの画像検査を行う。痛みや苦痛がほとんどなく、外来でできる。

超音波(エコー)検査
腎がんの診断は、まず腹部の超音波検査によるスクリーニングを行うのが一般的。超音波診断装置を使って腎臓の中をみることで、がんと血管の位置がよくわかる。偶然発見された腎がんの多くが、超音波検査によるもの。腎嚢胞や、良性腫瘍である腎血管筋脂肪種との鑑別診断にも有用。
腹部CT、MRI検査
CTは、Ⅹ線を使って体の内部(横断面)を描き出し、腹部の断層画像が得られるため、腎がんの確定診断がほぼ可能である。他のがんでは針で組織をとる生検を行って診断を確定することが多いが、腎がんの場合は、腫瘍に針を刺すとがんを周囲にまき散らしたり転移する危険があるので、針生検は通常、行わない。
静脈ががんでふさがっているか、リンパ節転移がないかなどもCTで診断できる。
腎がんにはとくにダイナミックCTが有用。造影剤を静脈から急速に注入することで短時間にたくさんの画像を得てがんの結構状態などを見る撮影法で、がんの発見・鑑別に大きな力を発揮する。
CTで腎がんが確定できなかったり他の病気との区別が困難なときにはMRIを行うことがある。また、腎静脈や下大静脈ががんでふさがっていることが疑われた場合は、補助的にMRIを施行してその範囲を確認する。MRIは磁気を使って体の内部を描き出す。CTやMRIで造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあるので、以前に造影剤のアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要がある。
胸部X線撮影/骨CT、骨シンチグラム
胸部X線写真や肺CTによって肺転移がないかどうかを、またアイソトープを用いた骨シンチグラムで骨転移の有無を確認することがある。

腎細胞がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多い。病期には、ローマ数字が使われ、Ⅰ期~Ⅳ期に分けられる。病期はがんの大きさや周辺の組織のどこまで広がっているか、リンパ節や他の臓器への転移があるかどうかで決まる。

腎がんではTNM分類に基づいて、病気を判定する。(T:原発腫瘍primary Tumorの頭文字)(N:所属リンパ節regional lymphNodesの頭文字)(M:遠隔転移 distant Metastasisの頭文字)

T、N、Mはさらにいくつかにわけられる。これをTNM分類と呼ぶ。

参考のために「腎癌取扱い規約(第3版)」に掲載されているTMN分類を示す。

~腎がんの病期分類~
T1a
腎がんの直径が4㎝以下で腎臓にとどまっている
T1b
腎がんの直径が4㎝~7㎝で腎臓にとどまっている
T2
腎がんの直径が7㎝以上で腎臓にとどまっている
T3a
腎がんが副腎または周囲の脂肪組織まで及んでいる
T3b
腎がんが腎静脈または横隔膜の下の下大静脈に広がっている
T3c
腎がんが横隔膜を越える下大静脈内に広がっている
T4
腎がんがゲロタ筋膜を越えて広がっている(ゲロタ筋膜:腎臓をおおっているいちばん外側の膜)
N0
所属リンパ節への転移はない
N1
所属リンパ節に1ヵ所転移あり
N2
所属リンパ節に2ヵ所以上転移あり
M0
遠隔転移はない
M1
遠隔転移がある

転移と広がりの程度の組み合わせで病期がきまる ~表~

腎盂尿管がん

腎盂尿管がんとは

腎盂は腎臓の一部で、尿管は腎臓と膀胱をつないでいる長い管のこと。どちらも、腎臓でつくられた尿を集めて膀胱に運ぶ働きをしており、腎臓と同じように左右に1つずつある。腎盂と尿管は上部尿路と呼ばれ、ここにできるがんは「腎盂尿管がん」という1つのグループとして扱われる。治療法にもあまり差がないため、両方をまとめて考えることが多い。

腎盂から尿管、膀胱、尿道の一部へとつながる尿路の内側は尿路上皮(移行上皮)と呼ばれる粘膜でできている。これは機能に応じて伸びたり縮んだりと形が変化する粘膜のこと。この細胞から発生するがんを尿路上皮癌といい、腎盂尿管がんのほとんどを占める。腎盂は腎臓の一部だが、腎細胞がんは尿路上皮癌ではなく腎盂尿管がんとは性質が違うので、別のグループになっている。

なお、腎盂尿管がんは、尿路内のいろいろな場所に多発しやすい特徴がある。腎盂と尿管の療法にできることもあるし、左右どちらかの腎盂か尿管にがんができ、その治療後に反対側の腎盂か尿管にがんが発生することもある。

腎盂尿管がんにかかる率(罹患率)は50歳代後半以降に増加し始める傾向にあり、男性に多いがんである。発生の危険要因として喫煙、フェナセチン含有鎮痛剤などが明らかになっている。

腎盂尿管がんでもっとも多い症状は、肉眼でもわかる血尿である。尿管が血液でつまった場合や、がんが周囲に広がった場合などには、腰や背中、わき腹の痛みが起こることもある。これらの痛みは尿管結石と似ており、刺すような強い痛みが起こったり消えたりする。排尿痛や頻尿が起こることもある。

がんで尿管がふさがると腎臓の中に尿がたまって拡張した状態(水腎症)になる。これは、長く続くと腎臓が機能しなくなってしまうことがある。片方の腎臓が機能しなくなっても、もう一方の腎臓が機能を補うので、尿の出が少なくなったり、体がむくむなどの腎不全の症状が起こることはまれである。

最近は超音波(エコー)検査が広く行われるようにたったため、特別な症状がなくて発見される腎盂尿管がんが増えている。また、水腎症があって精密検査した結果、腎盂尿管がんが発見されることもある。

腎盂尿管がんの検査と診断

目で見て血尿があった場合、出血源を明らかにするために膀胱鏡検査を行い、また、がん細胞の有無を知るために尿細胞診検査、がんの広がりを調べる画像検査などを行う。

【膀胱鏡検査(内視鏡検査)】
膀胱鏡(膀胱の内視鏡)を尿道から膀胱へ挿入する。腎盂尿管がんよりも膀胱がんのほうが発生頻度は高いので、まず膀胱がんを疑って検査をする。膀胱内にがんがなければ、左右の尿管口から出血がないかを確認する。
【尿細胞診検査】
尿にがん細胞が出ていないかどうかを確認するために行う。尿細胞検査は5段階または3段階で評価される。1、2は悪性所見なし、3は疑陽性(悪性の疑い)、4、5は悪性所見が強く疑われる。しかしがんがあっても尿細胞診に異常を認めないこともあり、尿細胞診の結果が陰性であるからといってがんがないとはいえない。
【排泄性腎盂造影(DIPまたはIVP)】
腎機能に問題がなければ、次は排泄性腎盂造影が行われる。これは静脈性尿路造影とも呼ばれる。造影剤を静脈から点滴して、何回かX線撮影を行う。尿の流れに異常があるかどうかがわかり、がんの有無を判断することができる。腎盂尿管がんの90%以上に異常所見がみられるとても重要な検査である。造影剤に含まれるヨードによりアレルギーが起こることがあります。アレルギーの経験がある方は、医師に申し出ること。
【腹部超音波(エコー)検査】
患者さんへの負担が少なく、最初に行う検査としては簡便で有用です。腎盂内にがんがあるかどうか、水腎症を起こしているかどうか、リンパ節に転移しているかどうかなどがわかる。
【逆行性腎盂造影(RP)】
ここまでの検査で異常が見つかり、腎盂尿管がんが疑われた場合、逆行性腎盂造影が行われることがある。膀胱鏡を尿道から入れ、膀胱内の尿管口からカテーテル(細い管)を挿入する。尿を採取後、このカテーテルから造影剤を注入してX線撮影を行い、腎盂や尿管の形状を観察する。排泄性腎盂造影ではよく見えなかった部位や、その他の異常を明らかにすることができる。
【尿管鏡検査】
腎盂尿管がんが疑われても、これまでの検査で診断するには十分な所見が得られなかった場合、尿管鏡検査が行われることがある。麻酔をして行う。まず尿道から膀胱内に内視鏡を入れ、尿管口から尿管、腎盂まで内視鏡を進める。内視鏡で尿管や腎盂の様子を観察できることと、異常が疑われる部分を採取すること(生検)も可能。生検した組織を顕微鏡で調べることで、浸潤(がんが周囲に広がること)性の有無、異型度が術前に判定できることもある。画像診断だけではわからなかったことが明らかになる場合もある。
【CT、胸部X線、骨シンチグラフィー】
腎盂尿管がんと診断された場合には、がんの広がりや、リンパ節、肺、骨、肝臓などへの転移がないかどうかを調べるためにCT、胸部X線、骨シンチグラフィーなどの画像検査を行う。CTはX線を使って体の内部を描きだす。骨シンチグラフィーは、ラジオアイソトープを使った骨の検査である。造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがある。アレルギー経験のある方は医師に申し出る必要がある。

腎盂尿管がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多い。病期には、ローマ数字が使われ、0期~Ⅳ期に分けられる。病期は、がんがどのくらい広がっているか、リンパ節や他の臓器への転移があるかどうかで決まる。腎盂尿管がんは、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類される。病期によって治療方法を選択するが、必ずしも治療前のステージが正しいとは限らない。手術を行って摘出した組織を顕微鏡で調べる組織検査の結果が、術前の画像診断と必ずしも一致しないこともあるからである。その場合は、組織検査の結果に従ってその後の治療を選択する。

織検査により、がん細胞の組織型や浸潤性の有無のみならず、がん細胞の異型度も明らかになる。異型度とは、がん細胞の大きさ、細胞間のまとまりなどをもとに悪性度(がんが広がりやすいか、あるいは移転しやすいか)を表現したもの。グレードとも呼ばれ、1~3の3段階に分かれている。グレード1はあまり進行しない最もおとなしいタイプのがん細胞で、グレード3は悪性の度合いがいちばん高く転移しやすいがん細胞である。

~表~

治療法

手術(外科療法)

<特徴>

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術(外科療法)の詳細についてはこちら

抗がん剤(化学療法)

<特徴>

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)の詳細についてはこちら

免疫細胞療法

<特徴>

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹する
ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。
免疫細胞療法の詳細についてはこちら

放射線療法

<特徴>

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法の詳細についてはこちら

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてはこちら

重粒子線治療

<特徴>

陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、15〜30分の治療時間になります。
重粒子線治療についてはこちら

■よく検索されるキーワード

腎臓癌 症状   腎臓がん 原因   腎臓がん 転移   腎臓癌 予後   腎臓がん手術