卵巣がん (がんの種類)

卵巣がんとは

卵巣がんは、子宮の両脇にある卵巣で発生するがんである。卵巣がんは、その発生する場所によって上皮性・胚細胞性・性索間質性などの種類があるが、90%以上が上皮性のがんである。また、悪性度が比較的低く、境界悪性腫瘍と呼ばれる卵巣がんも存在する。

上皮:卵巣をおおう細胞の層
胚細胞:卵子のもとになる細胞
性索間質:ホルモンを産生する細胞と周囲の組織

卵巣がんはがんができてもはじめほほとんど症状を自覚することがない。下腹部にしこりを触れる、圧迫感がある、膀胱が圧迫されて尿が近くなるなどの症状があって受診することが多いが、このようなときはがんが進んでいる可能性がある。卵巣がんは発育すると転移する。がんが大きくなる前に転移することもある。転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って他の場所に移動し、そこで増殖することをいう。卵巣がんの場合、腹腔内(おなかの中)の臓器にがん細胞が広がった播種という転移が中心となる。おなかの中にがんが広がることで、おなかに水が溜まって腹部全体が張ってくる、胸にまでがんが広がることで胸に水がたまって息切れするといった症状が出てはじめて異常に気づくことも少なくないがんである。

卵巣がんにかかる人の数は40歳代から増加して、50歳代~60歳代がピークである。卵巣がんで遺伝的関与があるのは5~10%だが、近親者に卵巣がんにかかった人がいる場合は、いない場合に比べて発症の確率が高くなるといわれている。

卵巣がんは症状を自覚しにくいがんなので、受診が遅れがちになる。早期発見の有効な方法はまだないが、腹部の違和感があった場合は早めに産婦人科を受診することが大切である。

女性の卵巣がん死亡者数


卵巣がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多い。病期には、ローマ数字が使われる。卵巣がんでは、両側の卵巣に病気が及んでいるか、腹腔内(おなかの中)にがんが散らばっているか、およびリンパ節転移や他の遠隔臓器への転移の有無によってⅠ期(Ⅰa、Ⅰb、Ⅰc)、Ⅱ期(Ⅱa、Ⅱb、Ⅱc)、Ⅲ期(Ⅲa、Ⅲb、Ⅲc)、Ⅳ期に分類されている。卵巣がんの病期は、手術の結果、がんがどの程度広がっていたかが判明した時点で決まる。

~卵巣がんの病期~
Ⅰ期 がんが片側あるいは両側の卵巣にだけとどまっている状態
Ⅰa期
がんが片側の卵巣だけにある
Ⅰb期
がんが両側の卵巣にある
Ⅰc期
がんが片側または両側の卵巣にある場合で、がんにより被膜(外層)が破裂している場合、腹腔から採取した液体または腹膜を洗った洗浄液からがんが見つかった場合
Ⅱ期 がんが卵巣の周囲、つまり卵管、子宮、直腸、膀胱などの腹膜に進展している状態
Ⅱa期
がんは子宮または卵管(卵子が卵巣から子宮へと通過する細長い管)の両方または、どちらかに進展
Ⅱb期
がんは骨盤の中にあるその他の臓器にまで広がっている
Ⅱc期
がんは子宮、卵管、骨盤内の他の臓器に広がっており、腹腔から採取した液体または腹膜を洗った洗浄液からがんが見つかった場合
Ⅲ期 がんが上腹部、または後腹膜リンパ節あるいは鼠径リンパ節に転移している状態
Ⅲa期
がんは肉眼的には骨盤内にとどまっているが、がん細胞が骨盤外の腹膜に広がっている
(顕微鏡だけで診断可能)
Ⅲb期
がんが骨盤外に広がっているが、その大きさは直径2㎝未満
Ⅲc期
がんが骨盤外に広がっていて、その大きさは直径2㎝以上、
または後腹膜あるいは鼠径リンパ節に広がっている
Ⅳ期 がんが遠隔部位に転移しているか、あるいは肝臓実質に転移している

■よく検索されるキーワード

卵巣癌検診   卵巣癌 症状   卵巣癌 検診 費用   卵巣がん 症状   卵巣がん 転移

戦国武将とがん

書評