アストラゼネカのPARP阻害剤「オラパリブ」、BRCA遺伝子変異陽性乳癌におけるファースト・イン・クラスの治療薬として、希少疾病用医薬品に指定

アストラゼネカ株式会社は、現在開発中のポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤Olaparib(以降、オラパリブ)が、「BRCA遺伝子変異陽性の手術不能または再発乳癌」を予定される効能・効果として、2017年9月29日、厚生労働大臣より希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)の指定を受けた。

BRCA遺伝子変異陽性乳癌の推定患者数は、本邦において約6,000~10,000人と極めて稀ながら、散発性の乳癌とは異なる病態的特性を持つことから、HBOC(Hereditary Breast and Ovarian Cancer Syndrome:遺伝性乳癌・卵巣癌症候群)という確立された疾患概念の一部として認識されている。

BRCA遺伝子変異陽性乳癌は、悪性度が高く予後が不良である可能性が示唆されており、その分子生物学上の特性を考慮した治療薬が求められている。特に、延命とQOLの改善が主な治療目的となる進行・再発性のBRCA遺伝子変異陽性乳癌においては、現在の標準治療では効果が限定的で副作用も大きな負担となることから、効果と忍容性の高い薬剤が必要とされてきたが、本邦においてはまだ承認されていなかった。

今回の指定は、アストラゼネカが生殖細胞系列のBRCA遺伝子(BRCA1又はBRCA2遺伝子)に変異を有するHER2陰性転移性乳癌患者を対象として行った国際共同第Ⅲ相試験(OlympiAD試験)の結果に基づくものである。同試験において、オラパリブ(300 mg 1日2回投与)による治療を受けた患者の無増悪生存期間(PFS)は、医師が選択した化学療法(カペシタビン、エリブリン又はビノレルビンのいずれかを選択)との比較において、統計学的に有意かつ臨床的に有意義な延長を示した。また、安全性についても、過去の試験と概ね一貫した許容可能な安全性プロファイルを示していたことから、オラパリブがBRCA遺伝子変異陽性のHER2陰性転移性乳癌患者の病勢進行を遅延させる新たな治療選択肢になり得る可能性があるといえる。

乳癌治療領域の第一人者の一人である愛知県がんセンター中央病院副院長兼乳腺科部長の岩田広治氏は次のように述べている。「BRCA変異陽性転移乳癌に対し、オラパリブが希少疾病用医薬品の指定を受けたことは、個別化医療を目指している現代医療の観点からも、重要な一歩であると言えます。オラパリブは、ターゲティング治療薬のなかったBRCA変異陽性転移乳癌患者さんに希望を与える薬剤として、私自身も大きな期待を寄せています」

また、アストラゼネカ研究開発本部長の谷口忠明氏は、次のように述べた。「この度のオラパリブ希少疾病用医薬品指定は、日本のBRCA遺伝子変異陽性の乳癌患者さんに対するオラパリブの医療上の必要性の高さを示すものです。国際共同第III相試験(OlympiAD試験)の結果により、オラパリブがBRCA遺伝子変異陽性の乳癌患者さんの新たな治療選択肢となることを期待しています。アストラゼネカは患者さんにこの画期的な薬剤をいち早くお届けできるよう、引き続き尽力していきます」

アストラゼネカでは、今後もサイエンスの限界に挑戦し続け、患者の人生を変える革新的な医薬品の開発と提供に注力を続ける方針である。
(Medister 2017年10月10日 中立元樹)

<参考資料>
アストラゼネカ株式会社プレスリリース アストラゼネカのPARP阻害剤「オラパリブ」、BRCA遺伝子変異陽性乳癌におけるファースト・イン・クラスの治療薬として、希少疾病用医薬品に指定

戦国武将とがん

書評

がんの種類