双子の双方が“がん”になる可能性 北欧の長期にわたる研究より

2016年1月5日までに、アメリカ・ハーバード公衆衛生大学院のLorelei A. Mucci氏らの研究グループは、北欧の双生児を長期に追跡した研究において、すべてのがんおよび特異的がん(メラノーマ、前立腺がん、卵巣がん、腎臓がん、乳房がんなど)には、過剰な家族性リスクが有意に認められたと報告した。アメリカの医学雑誌「The Journal of the American Medical Association(JAMA)」の 2016年1月5日号に掲載されている。

この研究は、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンなど北欧各国の住民集団のデータを元に行われた。対象となったのは、20万組を超える双生児。一卵性8万309例、同性の二卵性12万3,382例に対する前向き追跡であり、追跡期間は1943~2010年、中央値32年間で、全死因死亡は5万990例、追跡不能は3,804例であった。
これらのデータを元に、双生児が共有した環境リスク因子、遺伝性リスク因子と、がん発症の関連性について評価した。また、時間イベント解析を行い、家族性リスク(双子におけるがん発症リスク)、遺伝性リスク(個人レベルの遺伝子の違いによるがん発症リスク)もあわせて検討され、死亡リスクの比較検証を行った。

その結果、全体で2万3,980例、2万7,156件のがんが発見された。双子ともにがんと診断されたのは、一卵性2,766例中は1,383組、二卵性2,866例は1,933組であり、同種がんの発症率は、一卵性38%、二卵性26%であった。
コホート全体の累積発症リスク(32%)と比較して、双生児の一方ががんを発症した場合の残る一方のがん過剰絶対リスクは、二卵性でおよそ5%高く、一卵性ではおよそ14%高かった。多くのがん症例で、二卵性双生児よりも一卵性双生児のほうが、家族性リスクおよび累積発症リスクが有意に高い結果となった。
全がん発症の遺伝性リスクは33%であり、個別のがんでみると、メラノーマ皮膚がん58%、前立腺がん57%、非メラノーマ皮膚がん43%、卵巣がん39%、腎臓がん38%、乳がん31%、子宮がん27%であった。
(Medister 2016年1月20日 葛西みゆき)

<参考資料>
The Journal of the American Medical AssociationFamilial Risk and Heritability of Cancer Among Twins in Nordic Countries

双子の遺伝子

戦国武将とがん

書評

がんの種類