国がんが推定する「子どもをもつがん患者とその子どもたち」の状況とは

GUM05_PH010262015年11月4日、国立がん研究センター(東京都中央区、以下 国がん)がん対策情報センターは、18歳未満の子どもをもつがん患者とその子どもについて、日本で1年間に新たに発生する患者とその子どもの人数、平均年齢などの全国推定値を初めて明らかにしたと公表した。さらに、がん診療連携拠点病院での同患者数、子どもの人数についても推定し、そのデータを公表した。

この推定結果は、国立がん研究センター中央病院の5年間の入院患者データをもとに、地域がん登録、院内がん登録の集計データなどから算出したもので、概要は以下の通り。

・18歳未満の子どもをもつがん患者の全国推定値は年間56,143人
・その子どもたちは87,017人
・患者の平均年齢は、男性は46.6歳、女性は43.7歳
・親ががんと診断された子どもの平均年齢は11.2歳
・18歳未満のうち0歳から12歳までが半数を超えた

さらに、全国のがん診療連携拠点病院での同患者数は1施設当たり年間おおよそ82人であり、子どもは128人と推定されることが分かった。
これらの数値を2010年の人口構成データに当てはめると、1年間に自分の親が新たにがんと診断された子どもの割合は全体の約0.38%になるという。
また、がんの種類は、男性では胃がん(15.6%)、肺がん(13.2%)の順に多く、女性では乳がん(40.1%)、子宮がん(10.4%)の順に多いことが分かった。

がん患者にとって、多方面からのサポートによる「より良い療養生活とその後の人生を送ることが出来るような支援体制」が不可欠である。一方、子どものいるがん患者や、親ががんと診断された子どもの数などの実態は把握されておらず、実は重要な問題であることが十分に認知されているとは言えないのが現状である。
国がんでは、さまざまなライフステージにあるがん患者を支援する社会体制の構築を目指しており、これまで十分に配慮されなかった「子どもを持つがん患者と親ががんと診断された子どもたちの実態」を明らかにすることで、支援体制作りに向けての第一歩にしたいとしている。
(Medister 2015年11月11日 葛西みゆき)

<参考資料>
国立がん研究センター 18歳未満の子どもをもつがん患者とその子どもたちについて 年間発生数、平均年齢など全国推定値を初算出 支援体制構築の急務な実態が明らかに

緩和ケア増刊とても大切な人が がんになったときに開く本2014年06月号 (知っていますか?子供のこと、親のこと)
緩和ケア増刊とても大切な人が がんになったときに開く本2014年06月号 (知っていますか?子供のこと、親のこと)

戦国武将とがん

書評