新しい抗癌剤開発に繋がるのか 血液中から抗腫瘍効果のある蛋白質を発見

1153649_900449302014年9月25日、岡山大学は、同大学病院消化器内科の三宅康弘助教の研究グループが、ヒト血液中より癌細胞の増殖を抑制する抗体を発見したと発表した。この研究成果は、2014年10月15日からパシフィコ横浜で開催されるBioJapan2014 にて発表される。 三宅助教らのグループは、肝臓癌・膵臓癌・大腸癌・前立腺癌などの培養癌細胞を用いた研究により、ヒト血液中のRPL29L29 (RPL29)を認識する抗体が、癌細胞増殖を抑制することを発見した。さらに膵臓癌患者105例について同じ病状で同じ治療を受けた場合で比較すると、血液中の抗RPL29抗体をより多く有する患者の方が、治療効果が高くなることも分かった。 RPL29とはそもそも、細胞内でタンパク合成に関わるリボゾームを構成するタンパク質の1つであり、細胞表面にも発現し、特に癌細胞では高発現することが分かっている。一方、遺伝子操作によりRPL29の発現を抑えたマウスによる実験から、細胞増殖には関係しているが、生命維持に必須とまでは言い難い物質であると考えられているという。 日本人の癌罹患率はおよそ50%、3人に1人が癌で亡くなっている。癌罹患にはもちろん遺伝的な要素も関係し、生体内での癌細胞増殖の程度は人により違いがある。そこには抗腫瘍免疫システムが癌細胞を排除する「強さ」などが関連していると考えられているが、そのメカニズにムは未だに解明されていない。 今回の研究成果により、血中抗RPL29抗体を測定することで、患者本人が持つ腫瘍免疫システムを評価し、治療方針に繋げることが可能になると期待されている。さらに抗RPL29抗体には癌細胞の増殖抑制および癌細胞のアポトーシス効果もあることから、安全性の高い新しい抗癌剤の開発に繋がる可能性もある。岡山大学では現在、抗体医薬品あるいは癌ワクチン開発に向けた研究を進めている。 (Medister 2014年10月03日 葛西みゆき) 改訂第3版がん化学療法レジメンハンドブック〜治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで
改訂第3版がん化学療法レジメンハンドブック〜治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで

戦国武将とがん

書評