ピルで卵巣癌の発症抑制か

先週の記事に関連させて今回は卵巣癌の発症リスク軽減に関しての記事だ。長期間ピルを服用することにより卵巣癌の発症リスクを半減できるという論文が学術論文誌Lancet(Vol. 371January 26 2008)に発表された。21カ国で行われた45の研究結果を解析したメタ解析の結果で対象は2万5000人以上に及ぶ大規模なものだ。

ピルといえば避妊薬として用いられることで有名であり、副作用として服用後悪心や不正性器出血を伴うことがある。ピルを長期服用すればするほど発症リスクが減少することがわかり5年服用で3割減、10年服用で4割減、15年服用ではなんと5割までリスクを下げることができた。

全世界では約1億人に利用されているピルであるが日本国においては閉経前の女性2%程度しか利用していない。それなのか日本での卵巣癌は右肩上がりで増加している。諸外国に比べ国内では性病に対する危機リスクが高いためかピルを使用せず避妊にはコンドームを用いることが多いためこのような結果になっていると推測できる。

また、戦前と現代の女性では月経数が異なり現代の女性は月経回数が戦前よりも一桁多いといわれそれに伴い子宮内膜症になりやすくなっている。子宮内膜症は卵巣癌を誘発するという研究をされており現代女性は卵巣癌を発症しやすいといわれている。

ピルを長期服用することにより現代女性が抱えている卵巣癌の発症リスクを減少させることに繋がるのである。但し、薬には効果と同時に副作用も想定されるので、服用にあたっては医師に相談してもらいたい。(Medister 2013年7月 25日 桐生賢汰)

卵巣がん治療ガイドライン 2010年版 (第3版)卵巣がん治療ガイドライン 2010年版 (第3版)
日本婦人科腫瘍学会

金原出版
売り上げランキング : 172379

Amazonで詳しく見る

戦国武将とがん

書評