がんの治療費

がん治療費については、発生した部位や治療方法の選択によって、だいぶ違ってきます。
治療費の負担は患者個人やご家族にとって大きいので、ここでは負担を軽くするための制度を紹介します。


高額医療費の自己負担額(70歳未満の場合)

70歳未満
所得区分 自己負担限度額
一般 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% ※4ヶ月目以降:44,400円
上位所得者 150,000円+(総医療費-500,000円)×1% ※4ヶ月目以降:83,400円
低所得者 35,400円 ※4ヶ月目以降:24,600円
一般:標準報酬月額53万円未満、基礎控除額の総所得600万円以下

上位所得者:標準報酬月額53万円以上、基礎控除額の総所得600万円超

低所得者:住民税非課税


高額医療費の自己負担額(70歳以上の場合)

70歳以上 自己負担限度額
所得区分 外来のみ(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
一定額を超える所得者 44,400円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
※4ヶ月目以降:44,400円
一般 24,600円 44,400円
低所得者① 8,000円 24,600円
低所得者② 15,000円
一定額を超える所得者:課税所得・145万円以上の70歳以上

低所得者①:住民税非課税世帯

低所得者②:住民税非課税世帯で、世帯全体の所得が0円

Ex) 70歳未満・一般(被保険者の標準報酬月額が53万円未満)の場合
負担の上限額:80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1%となります。
4ヶ月目からは、上限が引き下げられ、負担の上限額は44,400となります。

 70歳未満・一般(被保険者の標準報酬月額が53万円未満)の場合


傷病手当金

会社員や公務員などの加入する公的医療保険には「傷病手当金」の給付があります。(注意:国民健康保険にはありません)
病気やけがなどの療養のために働けない日が連続して3日以上あった場合、4日目以降から1日につき、給与の3分の2が支給されます。
期間:最初に支給された日から最長で1年6カ月になります。

ポイント


1.働けなくなった日から連続した3日間の欠勤(公休や有休を利用してもよい)があります。

2.期間中なら途中で働いても、再受給が可能です。但し、傷病手当金は原則、同一疾病で1回限りと決められています。追加治療や再発などで療養が長引いても、1年6ヶ月で期間満了となります。



先進医療の医療費

健康保険の診療で認められている一般の医療の水準を超えた最新の医療技術の中で、厚生労働大臣から承認され、保険診療との併用(混合診療)が認められた医療行為を「先進医療」と言います。
通常、保険診療が適用されない先進的な療養を受けると、一般の保険診療が適用される部分も含めて、医療費の全額が自己負担となります。

しかし、「先進医療」として認められた療養に関しては、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)について は、一般の保険診療と同様に公的医療保険が適用され、先進医療にかかわる費用は全額自己負担となるといった、「保険診療」と「保険外診療」の併用が認められています。


自由診療

免疫療法

活性化リンパ球療法 料金一覧

初診時の料金(リンパ球治療を始める場合)
70,000円

・初診料:患者様ご本人の初診料になります。
・採血処置料:細胞培養の為の採血処置料になります。
の他状況に応じて作成する文書料(紹介状の返信)などは含んでおります。
3ヶ月以内に投与の予定がない方については、短期凍結保管料として別途30,000円必要となります。

活性化自己リンパ球療法治療費(リンパ球投与時)
210,000円/投与

・再診料:2回目以降の診察料になります。
・活性化自己リンパ球調製料:リンパ球の培養費用になります。
・検査料・検査判断料:初回の血液検査、感染症検査になります。
の他医師が必要と認め実施する検査料・検査判断料(定期的な検査)などは含んでおります。
投与の間隔・回数は医師が病状を見て相談の上、決定するため、患者様の病状によっては治療回数や治療期間が異なる場合があります。
スケジュールは医師が患者様の状態を診察した上で患者様・お一人様毎に治療回数と治療期間を決定します。
また、患者様の希望に応じて治療を実施しているので、途中で治療計画を変更や中断することもできます。

治療費は掲載時(2013年)のものになりますので、最新の治療費についてはクリニックにお問い合わせください。


戦国武将とがん

書評