がん治療.com おすすめコンテンツ

心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧
  • がん治療.com 用語集

免疫療法の比較

免疫療法二つの方法

免疫療法とは、元々持っている生体の免疫機能を高めることによって、多様な病気を治療、克服することを目標としています。免疫療法には、二つの方法があります。

一つが「能動免疫療法」です。免疫反応を起こす物質を直接接種または摂取することで、身体の中に在る免疫系を刺激し、活性化します。この療法には、ワクチン療法やサイトカイン療法、さらに広く考えると健康食品の類も含まれます。

もう一つが「受動免疫療法」です。免疫反応を担うリンパ球などを身体の外で活性化した後、再び身体に戻します。これは「養子免疫療法」とも呼ばれ、リンパ球を体内(生家)から一度体外(育ての家)へ出して(養子)活性化して戻します。受動免疫療法

受動免疫療法の中心は、活性化リンパ球療法になります。活性化リンパ球療法には様々あり、腫瘍組織浸潤リンパ球療法(TIL)、細胞障害性リンパ球療法(CTL)、活性化自己リンパ球療法、活性化NK療法などが当てはまります。

TILは、がん組織に浸潤したリンパ球を手術の時に採取して、活性化培養したリンパ球を治療に使用します。この手法は、浸潤したリンパ球ががん細胞の情報を学習していることを想定して、がん細胞に対してより強く認識する(特異性の高い)リンパ球が得られる可能性がある、という考え方で開始しました。ただし、リンパ球は手術でしか採取できないことや、期待していたほど効果が得られていないため、ほとんど行われておりません。

受動免疫療法が細胞障害性リンパ球療法(CTL)は、がん細胞の情報を強制的に外から与えれば、より特異性の高いリンパ球が誘導できる可能性がある、という考え方から生まれました。この手法は、手術で採取したがん細胞とリンパ球を混ぜ合わせて刺激を繰返しながら培養します。この手法で培養した活性化リンパ球は、刺激に使用したたがん細胞が攻撃の対象となるため、特異性の高い効果が望まれています。ただし、がん細胞が手術で摂取できない場合は実施できません。さらに、現在では、がん細胞の変わりにがん抗原を使用される場合もあります。一部のがんでは、臨床効果が報告されています。

腫瘍組織浸潤リンパ球療法(TIL)や細胞障害性リンパ球療法(CTL)は、手術でがん細胞を摂取する必要性があるのに対して、活性化自己リンパ球療法は、手術でがん細胞を摂取する必要がないため、患者さんの身体的負担を減らすために開発された受動免疫療法です。活性化自己リンパ球療法では、通常血液検査で採血するような少量の末梢血を材料にしてリンパ球を活性化培養し、がんの治療を行います。また、培養方法の改良(固相化抗CD3抗体及びIL-2で活性化で刺激)により、約2週間の培養で1,000倍程度にリンパ球数を増殖させることができることになり、臨床応用ができることになりました。

末梢血のリンパ球だけではがん細胞に対する特異性が無い(非特異的)のではないか、という質問を頻繁に受けます。またこの方法は簡易的に「非特異的リンパ球療法」と呼ばれてもいます。 上記にも記載しましたが、血液中のリンパ球は免疫監視機構の担い手です。がん細胞の発生を常に監視していて、発見した場合には排除します。リンパ球は学習能力が非常に高く、一度攻撃したがん細胞を記憶として残しており(メモリー細胞)、更に未知の抗原に対して反応する力も持っています。このため、抗原刺激を行わずに、末梢血のリンパ球を材料とする活性化リンパ球療法はがん細胞に対して反応できます。その為、この療法は、「非特異的リンパ球療法」ではなく「多特異性リンパ球療法」と呼ぶべきであると考えています。

体内に在るリンパ球は、様々ながんの情報を持った細胞の集まりであると考えられます。これらをまとめて活性化培養するので、CTLやTILの様に対応するがん細胞のみではなく、様々ながん細胞に対して特異性を持った活性化リンパ球が誘導できます。さらに、体内に投与された活性化リンパ球ががん細胞を攻撃すると、さらにがん細胞の情報を得て学習することで特異性が高まりるため、治療を継続することで、特異性の高いリンパ球が徐々に体内に増えてきます。

また一方では、がん細胞を攻撃するリンパ球のみではなく、体内の免疫機能の活性化を補助するようなリンパ球(ヘルパーT)も増殖するため、投与することで生体の免疫機能そのものを高めることも可能です。これにより、QOLを高めたり、や抗がん剤や放射線療法などの副作用を減らす効果も期待できます。現在、活性化自己リンパ球療法を行う多くのの医療機関は、基本的にこの方法を応用しています。

上記の免疫療法がTリンパ球を活性化するのに対して、活性化NK療法はリンパ球の中のNK細胞を活性化して治療する免疫療法です。NK細胞はIL-2で活性化しますが、増殖には限界があります。また、Tリンパ球は、血管壁を通過してがんに到達することが比較的容易ですが、NK細胞は血管壁を通過してのがん細胞へ到達することが難しいです。最近、少量の末梢血から活性化培養する方法が開発されたため、いくつかの医療機関で臨床応用されています。但し、培養方法やその効果に関する学術的な報告は、まだほとんどないため、その臨床効果は確認されていません。

近年、がん細胞の情報を取り込ませた樹状細胞をリンパ球と混合して培養することで、、活性化の過程でがん細胞の情報をリンパ球に伝えることによって特異性を高め、治療に応用する免疫療法も考案されています。但しその臨床効果は確認されていません。


能動免疫療法(ワクチン療法)

能動免疫療法にはワクチン療法やサイトカイン療法があり、ここではワクチン療法について紹介します。

免疫反応は、異物(抗原)を認識することによって、それを排除しようとする反応です。がん細胞も特有の抗原を持っていると考えられており、いくつかのがんでは既に証明されています。それらのがん抗原を取り出し直接接種したり、抗原情報を免疫担当細胞に伝える働きを持った細胞(樹状細胞など)にがん抗原を取り込ませて接種することで、生体内の免疫系を活性化する能動免疫療法が「ワクチン療法」です。「ワクチン療法」は、接種した抗原や樹状細胞ががん細胞を直接攻撃はしないので、接種された後免疫系をどれだけ有効に活性化できるかが問題となります。既にいくつかの施設では、臨床応用が始まっています。


能動免疫療法(サイトカイン療法)

能動免疫療法の一つであるサイトカイン療法は、元来生体内で免疫反応を活性化する働きを持つ物質を、体外から大量に投与することで治療に使用する方法です。多様な物質がありますが、現在医薬品として治療に使用されているものには、インターフェロン(IFN)やインターロイキン-2(IL-2)があります。これらの物質は、生体内では極微量で免疫反応をコントロールしていますので、体外から大量に投与することで深刻な副作用も起こる危険性があります。使用する際には、効果と安全性の両方のバランスを考えることが大切です。今後、より効果がのあるサイトカインが現れる可能性もあります。


能動免疫療法(その他健康食品など)

能動免疫療法の一つである健康食品の類は、キノコ系、植物系、動物系など様々なものがあります。、ものによって、製造方法も費用もそれぞれに大きく異なります。これらは医薬品ではないため、ほとんどの場合、客観的な臨床効果や安全性が確認されていません。使用する場合は専門の医師に確認することや、効果や安全性について本人が納得して使うことが大切です。