• コラム
  • 書評

がん治療.com おすすめコンテンツ

心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧
  • がん治療.com 用語集

がんと医師との付き合い方

医師は複数の選択肢の中から患者さん一人一の症状に合わせて治療方針を立てます。医師によって治療方針が異なることもあり、それぞれの治療にメリット・デメリットがあります。インフォームド・コンセント(医師は患者さんに対して必要な情報を提供して患者さんは納得・同意して治療を選択する)のため、治療を受ける患者さんは主体的に医師とコミュニケーションを取り、自身で納得をして治療方針を決めることが重要です。

また、治療方針を選択することは難しい面もありますが、セカンド・オピニオンや書籍、インターネットの情報などで決定の際に役立つ情報を収集することは、意思決定する際の参考になります。

主治医とのコミュニケーション

がんについて医師に相談し難いと考える方もいるかもしれませんが、コミュニケーションを取る必要性を感じている主治医も多いので、聞きたいことがあれば話すことについて遠慮する必要はありません。但し、がんの治療は長期間に及ぶこともあるので、相談するには信頼関係を作ることが大切です。患者が医師に対して不信感にあらわにしてしまうと、医師もコミュニケーションが取り難くなってしまいます。きちんとした挨拶などの基本的なことからからお互いを尊重することが大切です。

診察や相談の際には自分の具体的な症状と聞きたいことを事前に整理してメモしておくことで、主治医に適切に症状を伝え、要領よく聞くことができます。診察中や相談の際にもメモをしておくことで、がんへの理解も深まり、不安が和らぐことにもつながります。

セカンド・オピニオン

セカンドオピニオンは、診断内容や治療方針に関して主治医に全てを任せるのではなく、主治医とは別の医師にアドバイスを求めることです。
がんの治療には様々な治療法があり、選択肢の中から主治医が選んだ治療法が自分にとって適切なのか、専門的な知識がないと決断するのは非常に難しいです。また、複数の治療法を提示された際に自分に合ったものを決断するのも、同様に難しい場合があります。また、がんの治療法は日々進歩していて、新しい治療法も生まれてきます。それぞれの治療について経験・実績のある医師にアドバイスを求め、複数の医師と積極的にコミュニケーションを取ることで自分に合った治療法を決断できます。

※セカンド・オピニオン外来
セカンド・オピニオン外来は自費診療で健康保険が適用されませんので、全額自己負担となります。


書籍・インターネットでの情報収集

書籍やインターネットから情報を得ることで、医師の説明を理解する手助けとなります。書籍、インターネットともに患者向けのものから医療従事者向けのものまで様々な情報が公開されています。

関連ニュース

“ITが医療を変える” IT技術により、医療にもたらされる“変革”とは(2014.7.08)

この記事を見た人はこの記事も見ています

がん再発予防 治療費 がんの不安

戦国武将とがん

書評

がんの種類