がん治療.com おすすめコンテンツ

心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧

地域住民の医療を最優先に高齢者にもやさしいがん医療

東京都の西に位置する練馬光が丘病院は、人口71万人余を有する練馬区の中核病院。平成24年に日本大学附属練馬光が丘病院を継承した同院は、救急医療をはじめ小児医療、周産期医療、災害時医療を重点項目として日々の診療にあたっています。平成29年4月には、消化器病センター、循環器病センター、COPD呼吸器難病センターをオープンする予定となっていますが、各分野の責任者には、医学界をリードするスタッフを配置し、質の高い医療の提供を目指します。さらに4~5年後には新病院への新築移転も計画しています。建物が新しくなるほか、放射線治療をはじめとするがん治療の先進的な施設としての機能を整備し、体制を整えます。今回は同病院でがん治療を担う小西文雄先生、長谷川俊二先生そして吉田卓義先生にお話を伺いました。

がん治療における練馬光が丘病院の特徴

消化器外科では、身体への負担が少ない手術法として、腹腔鏡を用いた低侵襲な手術を数多く行っています。胃や食道のがんをはじめ、大腸がんなどの悪性腫瘍や腹腔内の良性疾患に至るまで、幅広い疾患の治療にあたっています。腹腔鏡手術においては、同治療のパイオニアでもある小西文雄医師を筆頭に、2名の内視鏡外科技術認定医を中心として、安全・安心をモットーとした治療を行っています。一方、12人に1人ともいわれ増加傾向にある乳がんにおいては、前任地で1000例を超す治療実績のある長谷川俊二医師が治療にあたります。

各癌治療においては、EBM(科学的根拠)に基づき、患者さんの意向を重視しながら行います。地域柄、高齢の患者さんが多いため、高齢の方にも配慮した治療をこころがけている点も練馬光が丘病院の特徴です。高齢になると他の基礎疾患を抱えていることもあるため、内科的な治療が必要な場合も少なくありません。しかし、そのような場合においても、他科との連携を十分にとっているため、基礎疾患と並行して治療を行うことが可能です。病院内では他科,他職種との合同カンファレンスを定期的に行っており、あらゆる角度から患者さんをとらえ、ひとりの患者さんをチームで支えていきます。多くのスタッフが関わることで、その人にとってベストな治療を選択することができるのです。

医師の紹介

小西 文雄 先生 大腸がんに対する腹腔鏡手術のパイオニア

専門は消化器外科(大腸、肛門、小腸)、内視鏡外科。消化器がんの診断と治療。特に大腸がんを専門領域とし、腹腔鏡による大腸がんの手術を日本に導入したパイオニア的存在。大腸がんの手術数は2000例以上、腹腔鏡を用いた大腸がん手術においても800例を超える実績があります。

腹腔鏡手術導入にあたっては、アメリカで研修を受けるなど積極的に取り組んできました。

※腹腔鏡手術とは、おなかに小さな穴を数カ所開け、専用の器具を挿入して行う手術。おなかを大きく開ける従来の開腹術と比べると、傷が小さいため、術後の痛みも少なく回復も早い、からだへの負担が少ない手術法です。

また、同院は地域柄高齢者が多いため、院内では他科とも連携しチーム医療に取り組んでいます。特に、循環器、呼吸器などの疾患を持っていることが多い高齢者の場合には、安全に手術ができるかどうか内科専門領域のドクターとも十分に話し合った上で手術を行います。治療を行うにあたっては、がんの進行度に応じた、その患者さんにとって最適な治療を行うことをモットーとしています。

略歴
練馬光が丘病院常勤顧問・外科。東京大学医学部医学科卒業。医学博士。自治医科大学名誉教授。英国セントマークス病院へ2年間留学。日本外科学会(指導医、専門医、特別会員)。日本消化器外科学会(指導医・専門医・特別会員)。日本内視鏡外科学会(技術認定医、評議員、技術認定委員会顧問、名誉会員)など、役職多数。

長谷川 俊二 先生 診断から治療までトータルな診療

専門は乳腺疾患、乳がんなど。同院に着任して4年半。年間に50~60例の乳がん手術を一手に担っています。前任地での乳がん手術数を含めると、現在までに1500例ほどの実績があります。

治療でこころがけていることは、患者さんの意向を重視しながらも、EBM(科学的根拠)に基づいた治療を行うことです。同院は、高齢の患者さんが多く、ホルモン療法を行う場合が多くあります。治療上必要であれば抗がん剤治療も行います。その時にはガイドラインを基に、患者さんの気持ちも汲みとった治療を行うようにしています。

乳がんの治療は他のがんと比べると長期に渡ることが少なくありませんが、同院では診断から治療まで、ひとりの医師が全ての経過を診ています。診断や治療で医師が変わることがないため、患者さんには安心して治療を受けてもらっています。そのため、患者さんとのコミュニケーションは非常に大切にしています。患者さんの訴えに耳を傾け、十分に話を聞いた上で、ひとりひとり患者さんの気持ちに添った診療を行っています。

略歴
練馬光が丘病院 乳腺外科 部長。群馬大学医学部卒業。医学博士。日本外科学会専門医。日本乳癌学会認定医。マンモグラフィー読影認定医。超音波学会専門医など、多数。

吉田 卓義 先生 豊富な経験に基づいた治療

専門は消化器外科一般(食道・胃外科)。内視鏡外科。食道や胃などの上部消化管外科として約1000例の手術経験を持ち、豊富な経験があります。僻地での診療も数多く経験しており、それらを通して、僻地や地域であっても大学病院と同等の治療・処置ができることの必要性を感じ、自らの外科の経験を重ねてきました。

現在は年間におよそ100例の癌に対する腹腔鏡手術を行っていますが、若手のドクターの指導にも力を入れています。また、同院では転移や再発、ターミナルに至るまで地域住民の医療を担っています。地域医療は同院の使命でもあるため、可能な限り受け入れて治療を行っています。患者さんは高齢者が多いため、十分な説明をこころがけるとともに、患者さんが話しやすい環境づくりにも配慮しています。

がん治療医として患者さんへのメッセージは、自分がどういう治療を受けたいのかということを明確にして、最後までがんと戦ってほしいと思います。その中で辛いことがあれば我々がサポートしますので、遠慮せずに主治医に気持ちを伝えてほしいと思います。

略歴
練馬光が丘病院 外科系診療部長 兼 外科部長。自治医科大学卒業。日本外科学会(指導医、専門医)。日本消化器外科学会(指導医・専門医)。日本内視鏡外科学会(技術認定医)。日本がん治療認定機構(認定医)。日本食道学会(食道科認定医)。日本胃癌学会。日本癌治療学会など、多数。


練馬光が丘病院について

〒179-0072
東京都練馬区光が丘2-11-1
TEL:03-3979-3611 FAX:03-3979-3787

練馬光が丘病院を受診するには

同院を受診するにあたっては、地元クリニックの紹介が必要で、かかりつけ医の紹介状をご持参いただくことが基本となります。かかりつけ医がいないなどで紹介状がない方の初診も受け付けていますが、その場合には選定療養費として2,260円が別途かかります。 
 
同院は地域貢献を理念に掲げており、根底には「地域の方にとって頼れる病院でありたい」という想いがあります。急性期病院として、紹介状がない場合の選定療養費はどうしても設定しなければなりませんが、選定療養費については、今後も同金額を維持する考えです。

年間の患者数、手術数など

平成27年度
外来患者数は19万8,326人。1日の患者数の平均は675人。
入院患者数は10万2,465人。1日の平均入院数は280人。
全体の手術件数は3,095件。うちがんの手術は287件。